成人式に最高の一枚を残したい!前撮りのできる都内人気スタジオを大公開
HOME >  自分史上最高の成人式写真にする!前撮りの極意 >  絶対に決まるポーズ

絶対に決まるポーズ

成人式の前撮り撮影で、可愛い振袖を着ていいカメラで撮ってもらっても、ポーズ次第で出来上がりが全然違います。このページでは、可愛くキレイに写真を残すためのポーシングをいくつか紹介しています。

成人式の前撮りポーズ【あしなが編】

足がスラッと長い女性ってついつい見とれてしまいますよね。「自分もそうだったらなぁ…」と思う方も多いはず。そこで、一生残る成人式の前撮り写真で、あしなが美人になれるポーズのコツを紹介します。

  • 【立ちポーズ】

    ポイントは、振袖の左肩にある模様になります。

    左肩の模様を、カメラに見せるように身体を斜めにすると、身体が細く見えるようになります。角度はあまり付けすぎず、自然な傾きを意識しましょう。

    次に肝心の足ですが、つま先は自然に内側に向けて、ひざを添わせて後ろ足に重心を置きます。カメラマンにしゃがんでもらって、少し下から撮影してもらうと足が長く見え、あしなが美人が完成します。

  • 【腰掛ポーズ】
    腰掛ポーズの際も、立ちポーズ同様左肩の模様をカメラに見せるように斜めにすることが基本となります。そして、浅めに腰かけて背筋をスッと伸ばします。
    足を流すときは膝頭を10cmほど離せば、振袖の柄がよく見えて、尚且つキレイな足のラインで映ることができますよ。

成人式の前撮りポーズ【小顔編】

小顔に見せるためのポイントも、ななめ向きで写ることです。しかし、今回は振袖の柄を気にせず、自分の自信がある側をカメラに向けるといいでしょう。

その状態で少しアゴをひいて、カメラマンに少し上から撮ってもらうようにすると、いちばんキレイな小顔写真が撮れます。

気を付ける点は、アゴを引きすぎない事です。あまり引きすぎると目つきが悪く見えてしまうので、十分注意してください。

友人との2ショット写真など、複数人で撮る場合も、基本的なテクニックは同じです。お互いの向きを変えるなどして、二人ともが少し斜めを向けるように工夫をするといいと思います。

成人式の前撮りポーズ【手の置き場編】

写真撮影の時にいつも困るのが手の置き場所だと思います。

案外、手の置く位置で見栄えが変わりますし、逆を言えば手の置き場所のポイントさえ押さえていれば、ある程度納得のいく写真が撮れるという事でもあります。

  • 【指を組む場合】

    まず肩を落とし、胸の真下ではなく、中心よりやや下の部分を狙って手を置いてください。この際に、しっかり指を組んでしまうとお祈りをしているみたいになってしまって変なので、 ちょこんと添えるようなイメージで組むことがポイントになります。

    手の指は、ピンと張るっても力なく握ってもあまり見栄えがしないため、その間の絶妙なバランスを探るために、鏡などをみて練習すると良いでしょう。

    ちなみに、やってみるとわかると思いますが、あまり手を置く位置が上すぎるとちょっとユーモラスな感じになってしまうので厳禁です!

  • 【手を置く場合】

    手を手すりなどに置くときにも、しっかりと握らずにちょこんと置くのがポイントです。

    どこかにつかまったら、カメラを見る角度や首の傾きがあまり不自然にならないように注意しましょう。

    カメラの方を向く際も、目だけではなくしっかりと顔を向けると目つきがキツくならないので、可愛く写ることができます。