成人式に最高の一枚を残したい!前撮りのできる都内人気スタジオを大公開
HOME >  自分史上最高の成人式写真にする!前撮りの極意 >  メイクの注意点

メイクの注意点

成人式の前撮りメイクで気を付けたいこと3つを簡潔に説明しています。

成人式の前撮りのメイクで注意したいポイント

成人式の前撮りのメイクで注意したいポイントは3つあります。

  1. スタジオや美容院にはノーメイクで行く

    成人式の前撮りのメイクは、スタジオのメイクさんがベースメイクから仕上げまで一貫して行うのが一般的です。メイクさんは、撮影時にあたる光の量や印刷仕上がり時の色合いなどを全て考えてメイクを施します。メイクをして前撮りに行くと、メイクを全部落とす手間が増えてしまうので、おすすめできません。ただ、メイクに自信があって、仕上がりも自分好みにしたい場合は、事前にスタジオや美容院のスタッフさんと相談をしたうえでセルフメイクで撮影するかを決めましょう。

  2. いつも使っているアイプチやつけまつ毛などの美容グッズを忘れない!

    普段から、アイプチ(またはアイテープ)やつけまつ毛を利用していて、前撮りのメイクでもアイプチやつけまつ毛を使用したい方は、絶対に愛用のアイテムを持っていきましょう。スタジオではアイプチやアイテープを置いていないところがあるので、当日の写真がいつも通りの二重ではなく一重で映ってしまう可能性があるからです。加えて、スタジオや美容院で用意されているつけまつ毛も、当日上手くつけられなかったり気に入らない可能性があるので、お気に入りのつけまつ毛がある方は持参するようにしましょう。

  3. カラコンを付けて写真を撮るのは大丈夫?

    カラコンを付けて写真を撮ること自体は全く大丈夫です。ただ、カラコンを普段使いしている方も、前撮りでは親と一緒に撮影に行くことが多く、一生残る写真でもあるため、当日はカラコンを付けずに撮影してもらう方が多いようです。

カラコンを付けるかどうか迷っている方は次のポイントを参考にしてみましょう。

  • 前撮りの撮影には強い光(ストロボ)をあてるため、カラコンがくっきりと写って浮く可能性がある
  • 数十年後、カラコンを付けて写真を撮った自分を見てどう思うか
  • 将来、子供に見せても大丈夫か

それでも悩むという方は、前撮りでナチュラルなわたしを演出し、成人式当日にカラコンでばっちりキメるという、ギャップを楽しむ方法もおススメですよ。